『みんなが輝く毎日に』~ありがとう!おかげさまで50周年~ - 社会福祉法人 北海道社会福祉事業団
文字サイズ

『みんなが輝く毎日に』~ありがとう!おかげさまで50周年~

『みんなが輝く毎日に』~ありがとう!おかげさまで50周年~

平成30年3月で法人設立50周年を迎えます

北海道社会福祉事業団は昭和43年3月に設立され、平成30年3月で設立50周年を迎えます。このことを記念して、いくつかの記念事業の実施を計画しています。
一つ目は『記念誌の編纂』です。記念誌編纂の目的として、「50年の歴史を振り返ること」、「働いている全職員で共有すること」を掲げ、法人の沿革、各施設の紹介や記念事業のページなどの誌面内容を予定し、平成30年9月の発行を目指して編纂作業を進めているところです。
二つ目は『シンボルマークの作成』です。これまで法人としてのシンボルマークはありませんでしたが、設立50周年を迎えることを契機に、「今後50年、100年の歩みに向けて、法人のイメージやコンセプトを形にすること」を目的として、シンボルマーク(ロゴマーク等)を作成しました。コンセプトとしては、経営理念を基本に、北海道をイメージできるようなものとし、「希望」、「安心」、「楽しい」、「明るい未来」、「あたたかさ」、「優しさ」、「共に働き、共に笑い、共に生きる」といったものを掲げ、広告代理店がデザインしたロゴマーク6案、コピー3案のそれぞれについて、すべての役職員による投票により決定しました。
三つ目は『利用者作品展の開催』です。利用者の方々が「作品を作る」、「作品展を見に行く」など、様々な形で参加できることを目的として企画しています。メインの札幌会場は、札幌駅前通地下広場(チ・カ・ホ)の「憩いの空間」にて、平成30年6月28日(木)、29日(金)の二日間で開催する予定です。また、各施設の所在する伊達市や岩見沢市、釧路市などでの開催も検討しています。日程などの詳細が決まり次第ご案内させていただきたいと思いますので、お近くの会場までぜひご来場ください。

 

一覧へ