ふれ愛食堂の様子(なかしべつ) - 社会福祉法人 北海道社会福祉事業団
文字サイズ

ふれ愛食堂の様子(なかしべつ)

ふれ愛食堂の様子(なかしべつ)

平成30年6月23日(土)に多世代が参加できる地域食堂を中標津町共生型交流センターで実施しました。今年度、最初のメニューは、日本食である「蕎麦」!でした。
北海道一周を徒歩で挑戦している三浦和春さん(そば職人)を講師にお招きし、粉打ちから作りました。
「蕎麦」の本知識も学びながら、香り高いソバができあがりました。できあがったソバは、大人も子どももみなさんで和気あいあいと頂きました!
中には、4回もおかわりをする人もいて大好評で終えることが出来ました。
今後も「ふれ愛食堂」として、取り組んでいきたいと考えています。

  

 

一覧へ