虐待防止研修の実施(法人内部研修) - 社会福祉法人 北海道社会福祉事業団
文字サイズ

虐待防止研修の実施(法人内部研修)

虐待防止研修の実施(法人内部研修)

平成30年8月21日の10:00~11:30で法人内の虐待防止研修を実施しました。

この研修は毎年実施しており、虐待防止法への理解、支援スキルの向上を目指し、早期に虐待の芽を摘むための研修となっています。

今年度は、当法人の参与である青山氏を講師に迎え40名を越える職員が参加しました。

前半は講師から虐待防止に必要な基本的な事項の講話があり、後半は事例をもとにグループでディスカッションを行いました。
グループワークでは個人それぞれの価値観があり、価値観等の違いから不適切な対応につながってしまうリスクがあるとことを学ぶことが出来ました。

参与から「利用者の生活の質の向上や自尊心を満たすための支援」がとても大切であるので日々の業務にしっかりと取り組んで欲しいと激励のメッセージを頂き研修が終了しました。

今回の研修会では、「指導と支援の違い」「自分をコントロールすること」「相手の権利に対して意識を向ける」ことが重要であり、個人の価値観ではなく、福祉専門職としての倫理や価値観をベースに支援をしていくことが必要であると改めて実感できる内容で、充実した時間となりました。

 

一覧へ