文字サイズ

施設レポート

施設レポートの記事一覧

自然体験事業~カヌーに乗ろう~(報告)

学習支援スペース「フレンズ」の企画で平成30年8月7日(火)、夏休み中に普段味わえない自然に触れる機会として、標津ポー川史跡公園にてカヌーを体験してきました。 ガイド付き添いのもと、川に生息する魚や植物、さえずりが聞こえる鳥の名前や特徴について教えていただきながらカヌーを漕いでいきました。昨年は川の淵に熊の足跡も見られたのとのことですが、今年は残念ながら(?)見ることが出来ませんでした。 体験……

続きはコチラ

虐待防止研修の実施(法人内部研修)

平成30年8月21日の10:00~11:30で法人内の虐待防止研修を実施しました。 この研修は毎年実施しており、虐待防止法への理解、支援スキルの向上を目指し、早期に虐待の芽を摘むための研修となっています。 今年度は、当法人の参与である青山氏を講師に迎え40名を越える職員が参加しました。 前半は講師から虐待防止に必要な基本的な事項の講話があり、後半は事例をもとにグループでディスカ……

続きはコチラ

開陽台マラソンへの参加(中標津)

平成30年7月8日 中標津町にて開陽台マラソンが開催されました。 当センターのグループホーム利用者も毎年参加しており、今年度は5キロに4名、ハーフに1名が参加しました。 過去には入賞した利用者もいて当センターでは、毎年恒例の小さなブームとなっています。 今年度はスタート地点が330体育館に変更となり新たなコースでのマラソンとなり、 参加した5名は、沿道の皆さんの応援を力に最後まで走……

続きはコチラ

釧路新聞の取材

釧路新聞の取材を平成30年7月13日に掲載していただきました。 当センターの職員一同「笑顔」を大切にして頑張りたいと思います。  ⇒ ……

続きはコチラ

福祉何でも相談会への協力(釧根地区)

平成30年7月16日(月・祝)午前10時から午後4時まで「イオン釧路店 1階光の広場」(〒088-0621 釧路町桂木1丁目1-7)にて、福祉何でも相談会が実施されました。 この「福祉何でも相談会」は、社会福祉会釧路根室地区支部が主催となり、毎年ソーシャルワーカーデーに合わせて相談会を開催されています。 『なかしべつサポートセンターよりそい』や『根室圏域障がい者総合相談支援センター「あ……

続きはコチラ

ふれ愛食堂の様子(なかしべつ)

平成30年6月23日(土)に多世代が参加できる地域食堂を中標津町共生型交流センターで実施しました。今年度、最初のメニューは、日本食である「蕎麦」!でした。 北海道一周を徒歩で挑戦している三浦和春さん(そば職人)を講師にお招きし、粉打ちから作りました。 「蕎麦」の本知識も学びながら、香り高いソバができあがりました。できあがったソバは、大人も子どももみなさんで和気あいあいと頂きました! 中には、……

続きはコチラ

研修会「発達障がいへの理解」(初任者研修)報告

平成30年6月9日(土)14:30~16:00に 中標津町総合文化会館【しるべっと】のコミュニティホールにて 特定非営利活動法人  ノーマライゼーションサポートセンターこころりんく東川 の大友愛実さんをお招きし研修会を開催いたしました。 100名を越える方に参加していただき、発達障がいの理解、支援に必要な知識などについて学ぶことができました。 当センターでは、今……

続きはコチラ

大漁まつり

平成30年6月24日(日)に港in白糠大漁まつりに外出しました。当日は好天気でとても暖かく、子ども達にとってはお祭り日和となりました。出発前から子ども達はお祭りのことで頭がいっぱい!ワクワクがとまらない中、車でお祭り会場に行きました。会場では、くじを引いて好きなキャラクターのグッズを当てて喜んでいる子もいれば、焼きそばやポテトなどおいしいものを食べて笑顔を見せている子もいました。お祭りの後……

続きはコチラ

ふれあい通信(平成30年5月号)の発行(なかしべつ地域生活支援センター)

なかしべつ地域生活支援センター広報誌、ふれあい通信を発行します。 H30ふれあい通信(第10号)

続きはコチラ

GWの様子

  5月5日こどもの日、釧路動物園にパトレンジャーとルパンレンジャーが来ました。ヒーローが大好きな男の子5名は動物園へ行きました。「パトレンジャーかっこいい。でもルパンレンジャーも格好いい」と盛り上がった後は乗り物も楽しみ興奮度MAXの外出となりました。 一方、学園に残った子ども達はヒーローより「団子」みんなで柏餅(柏の葉が手に入らず柏の葉抜きになってしまいました)を作りました。お餅を形良く整え……

続きはコチラ

« 前の記事へ 一覧へ