文字サイズ

札幌市あかしあ学園 詳細

多機能型事業所として、利用される方の状況やニーズに応じた生産活動・創作的活動・レクリエーション等提供し、働く意欲と生きがいや生活に潤いを持っていただけるよう支援します。
また、利用されている方同士が支え合ったり楽しさを共有できるような活動を目指します。

生活介護事業

地域において安定した生活を営むため、日常生活上の様々な支援、生産活動の機会などを提供しています。

○サービスの内容
(1)食事の提供
(2)食事、排泄などの身体介護
(3)創作的活動の提供
(4)生産活動の機会の提供
(5)社会参加支援
(6)日常生活上の相談支援
(7)レクリエーション
(8)健康管理
(9)送迎(自力で通所できない方について、ご相談の上対応します)

■ご利用について

ご利用を希望される方は、あかしあ学園へご連絡ください。
担当スタッフが詳しくご説明いたします。

就労継続支援B型事業

生産活動の機会を提供するとともに、就労に向けた知識、技術の向上のために必要な支援も行います。
また、利用される方の意向を踏まえ、生産活動以外にも活動の支援を行います。

○サービスの内容
(1)食事の提供
(2)就労に必要な知識、技術を向上するための訓練
(3)生産活動その他活動の機会の提供
(4)職場実習、求職活動の支援
(5)日常生活上の相談支援
(6)健康管理
(7)社会参加支援
(8)レクリェーション
(9)送迎(自力で通所できない方について、ご相談の上対応します)

■活動内容

○生産活動
受託作業(紙箱組立て)、自主生産作業(染色工芸)、施設内清掃作業を行っています。
作業内容は利用される方の意向や適性に応じて選択します。

○生活支援活動
日常生活に必要な生活技術の習得など利用者の希望に応じて支援を行います。

○自治活動
あかしあ利用者親睦会活動の一環として、夏祭りや、地域の人々や他事業所に参加を呼びかけて行うあかしあ喫茶を開催するなど、利用されている方が主体的に取り組めるよう支援します。

○社会参加支援
日帰り旅行、外食・買い物などの外出の支援や、地域住民との交流活動を通して地域 社会の参加、社会的ルールやマナー等の理解を深めてもらいます。

○レクリエーション
日常の生活を豊かにするために、適宜レクリエーションを企画しています。

■通常のサービス提供地域

札幌市(通常のサービス提供地域以外の方へのサービス提供を行う場合もあります。)

■サービス提供時間

月~金曜日(国民の祝日、12月29日~1月3日は除く)
サービス提供時間は9:15から16:15までとなっています。

■ご利用について

ご利用を希望される方は、あかしあ学園へご連絡ください。
担当スタッフが詳しくご説明いたします。

沿革

昭和60年6月
知的障がい者通所授産施設 札幌市あかしあ学園 開設
平成22年4月
知的障がい者授産施設を障害者自立支援法に基づく、新体系へ移行する。
(生活介護事業30名・就労継続B型事業20名開始)
札幌市の指定管理者として「社会福祉法人 北海道社会福祉事業団」が管理運営を行う。

施設設備

ページトップへ