文字サイズ

もなみ学園 詳細

福祉型障がい児入所施設

知的障がい児施設とは、知的障がいのある児童を入所させて、これを保護するとともに、独立自活に必要な知識技能を与えることを目的とする施設です。(児童福祉法第四十二条)
当施設としては、何よりも子どもの利益を優先に考える施設を目指し、適切な保護の下、児童の将来の自立を見据え、健全な社会生活が営めるよう育成することを目指します。
利用希望の方は、児童相談所・居住地の市区町村役場の相談窓口にご相談下さい。
また、当施設でもご相談を受け付けております。

障がい児通所支援事業

児童デイサービスとは、障がい児につき、児童福祉法第四十三条の三に規定する肢体不自由児施設その他の厚生労働省令で定める施設に通わせ、日常生活における基本的な動作の指導、集団生活への適応訓練その他の厚生労働省令で定める便宜を供与することをいいます。(障害者自立支援法第五条第七項)

当事業所としては、心身の発達に遅れや障がいのある在宅のお子さんが日常生活における基本的動作を習得し、集団生活に適応することができるよう適切な指導及び訓練を行うことにより障がいの軽減や改善に資することを目的にサービス提供します。

■サービス提供日等

サービス提供日は、原則、月から木曜日
(ただし、国民の祝日に関する法律に規定する休日及び12月29日から翌年1月3日までを除く。)
サービス提供時間は、原則、9:00から12:00、13:00から17:00までとなっています。

午前 1,2,3歳児(集団) 1,2,3歳児(集団) 1,2,3歳児(集団) 1,2,3歳児(集団) 予備日
午後 3,4,5歳児(個別) 3,4,5歳児(個別) 3,4,5歳児(個別) 3,4,5歳児(個別) 予備日
午後 小学校低学年(小集団) 個別・不定期 相談等 小学校低学年(小集団) 個別・不定期 相談等 予備日

■サービスの内容

(1)療育目標を設定した個別プログラムの策定及び評価
(2)指導員等による児童への個別指導を1日に一定時間行う。
(3)個別プログラムに沿った集団療育を行う。

■ご利用について

ご利用を希望される方は、もなみ学園へご連絡ください。
担当スタッフが詳しくご説明いたします。

短期入所事業

短期入所とは、居宅においてその介護を行う者の疾病その他の理由により、障がい者支援施設その他の厚生労働省令で定める施設への短期間の入所を必要とする障がい者等につき、当該施設に短期間の入所をさせ、入浴、排せつ又は食事の介護その他の厚生労働省令で定める便宜を供与することをいいます。(障害者自立支援法第五条第八項)
当事業所としては、保護者の疾病その他の理由により家庭での介護が一時的に困難となったお子さまを短期的にお預かりし個々の心身の状況に応じた給食提供や健康管理等、必要な保護を行います。

■サービス提供日など

サービス提供日は、原則、年中無休(定員や利用予約の状況等から希望される日の利用ができない場合があります。)

■サービスの内容

(1)給食
(2)入浴
(3)健康管理
(4)その他の日常生活における介助など

■ご利用について

ご利用を希望される方は、もなみ学園へご連絡ください。
担当スタッフが詳しくご説明いたします。

施設設備

ページトップへ