文字サイズ

理事長挨拶

皆さまには、日ごろから当法人の事業運営につきまして、ご理解 とご支援をいただき、厚くお礼申し上げます。

当法人は、昭和43年に設立され、道立及び伊達市立の社会福祉 施設を受託運営してまいりましたが、平成18年4月に北海道と伊 達市から5つの施設の譲渡を受け、現在は自ら運営しています。

その後、札幌市の指定管理施設の運営や地域生活支援センター を開設しているほか、各種相談支援事業に加え、平成28年4月から は、北海道から地域生活定着支援事業を受託し、高齢または障がい により、福祉的支援を必要とする短正施設退所者に対して、関係 機関と協働して社会復帰を支援しています。

さらに、平成28年11月からは、苦小牧市の指定管理施設の運営 を開始するなど、地域のニーズに応える形で道内の各域において 様々な事業を展開しています。

私たちは、障がい者にとって、自立し、希望をもって安心して地域 で生活することが、最も望ましい姿であると考えています。

このことを踏まえ、私たちは地域社会が人間性溢れる潤いのある ものとなるよう、福祉サービスの充実と発展を目指し、職員一同、 心を一つにして頑張ってまいります。

今後とも、皆さまの温かいご指導とご協力をお願いいたします。
理事長 吉田洋一

理事長 吉田 洋一



ページトップへ